高血圧の対策に良い飲料は

高血圧に良いグレープフルーツジュース

高血圧の対策に良い飲料水を、ご紹介したいと思います。

私の父もここ数年は食事療法も続けて、飲み物にも気をつけるようになったので、
血糖値も問題なく、血圧も安定している状態です。

糖尿病と血圧の関係はご存知ですか?

糖尿病と血糖値は、高血圧にも関係しています。
糖尿病患者の高血圧の割合はとても高くて、40~60%といわれます。

この数字は、糖尿病でない人の約2倍
とても高い数字ですよね。

糖尿病患者は、高血圧にもなりやすい

糖尿病患者が高血圧になりやすい理由

一言で言うと、血糖値が高いと糖尿病になり、高血圧にもなりやすいです。

血液量の増加
肥満の人が多い
インスリン抵抗性がある
糖尿病腎症を発症している

高血圧になりやすい理由

それぞれの理由を、分かりやすく説明してみたいと思います。
これらは合併症で、糖尿病が怖い病気といわれる理由ですよね。

血液量の増加

高血糖の状態だと、血管内のブドウ糖が高濃度に。

浸透圧が生じて、血管の外側から内側に水分を取り込みます。

ブドウ糖の濃度を下げようとします。

血液の量が増え、血圧(血管内を流れる血液が、血管壁に与える圧力)が高くなる。

肥満の人が多い


糖尿病患者は、肥満の人が多いです。

肥満の人は、血液を心臓から送り出す際、大きな圧力が必要となる。

血圧が上昇しがちになる。


肥満だと、体の活動を活発にして、エネルギーの消費を促す
「交感神経」の働きが高まる。

交感神経が活発に働くと、血圧を上げるホルモンが多く分泌される。

高血圧になる。

インスリン抵抗性がある

「インスリン抵抗性」とは、インスリンの作用を受ける細胞の感受性が
低下してインスリンが効きにくくなった状態のこと。


血糖値を下げるために、大量のインスリンが
分泌されるので、血液中のインスリンの濃度が高くなる。

高濃度のインスリンには下記の作用がある。

腎臓からの塩分(ナトリウム)の排泄機能を低下させたり、
交感神経の働きを高めたり。

血管壁の細胞の成長を促すことで、血管を狭くさせる

血圧を上げる


血管壁を構成する細胞の成長を促して血管を狭くさせる。

高血圧になる。

糖尿病腎症を発症している

「糖尿病腎症」とはこんな合併症。

増えすぎたブドウ糖で、腎臓の毛細血管が障害されて起こる。

この糖尿病腎症になると、こんな作用が

腎臓が血圧を上昇させる「レニン」という、ホルモンを分泌、腎機能の低下をまねく。

血液のろ過機能が低下

血圧が上がる。

オススメの飲料水

肝心の飲料水について紹介したいと思います。

高血圧で悩んでいる貴方には、色々と対策をされているかと思います。
食べ物以外の対策法として、飲料で改善が可能です。

高血圧の対策にオススメしたい良い飲料水は、下記です。

グレープフルーツ

フルーツジュースは、全般的に効果が望めますが、
特にグレープフルーツが一押し。

グレープフルーツが良い理由
高血圧に良い、カリウムが多く含まれています。

カリウムの効果
身体の中の塩分を調節する働きがあります。

注意点
薬を飲んでいる方は、グレープフルーツジュースとの
組み合わせが悪いため、病院の先生に確認をとって下さい。

他の飲料水

特定保健用食品
スーパーでもトクホの飲み物も増えていて、
そちらも簡単に購入できるので、オススメ。

からだすこやか茶 1050mlPET

トクホの飲み物の中には、血管の収縮を抑えて
高血圧になるのを防ぐ働きがあるものも販売されています。

牛乳
牛乳にもカリウムが含まれていますが、
カロリーが多いため、飲み過ぎには注意です。

血圧を上げる飲み物と言われてきましたが、
最近では血圧を下げる働きがあることが分かってきました。

注意点
砂糖やミルクを入れて飲む方は、肥満予防のためにも
飲み過ぎには注意です。

コメントを残す