糖尿病の様々な症状 進行した症状や合併症

糖尿病の怖い症状、進行した症状、合併症をを分かりやすく説明する女医

糖尿病の症状は数多くあります。
進行した症状や合併症は、最悪の場合に失明したり足を切断したり、
歯を失ったりと怖い病気です。

摂生すれば避けられる症状

きちんと医者の指導を受けて摂生すれば
上記に挙げたほどは酷くなりませんので、面倒くさがらずに
体の異変を感じたときは、病院で診察を受けてください。

目の症状

目に現れる症状として、下記があります。

物が白っぽく、かすみがかかって見えたり
眩しく見えてしまう白内障
物が二重になってみえる眼筋麻痺
目が充血したり視力が低下する、虹彩炎
網膜はく離や白内障の可能性、また最終的には失明も

その中でも一番注意しなければならないのは糖尿病網膜症です。
これは糖尿病の三代合併症の一つで、進行すると失明してしまう怖い病気です。

これが、日本での中途失明原因の第1位で、初期症状がほとんどないのが特徴です。
進行すると急激に視力が低下したり、飛蚊症といった症状が現れます。

治療せずに放置すると最終的に失明する可能性があるため、
糖尿病になったことが判明したら、放置せず、必ず病院を受診して
治療と検査を受けることが必要です。

正しい治療を続けることで、病気でない人と変わらない生活を
送ることができます。

しびれの症状と進行した状態

しびれの症状は糖尿病による神経障害の初期症状の代表的なものです。

血液循環や免疫力が低下したことが原因です。
足からはじまるのは、心臓から最も離れた場所にあるからで、その後徐々に、
他の部分にも広がります。

このようなしびれを自覚する人は、全体の約15%程度です。
この段階で、診察を受けるようにすれば、最悪の事態に至らずに済みます。

「糖尿病の様々な症状 進行した症状や合併症」の続きを読む…

高血圧の対策に良い飲料は

高血圧に良いグレープフルーツジュース

高血圧の対策に良い飲料水を、ご紹介したいと思います。

私の父もここ数年は食事療法も続けて、飲み物にも気をつけるようになったので、
血糖値も問題なく、血圧も安定している状態です。

糖尿病と血圧の関係はご存知ですか?

糖尿病と血糖値は、高血圧にも関係しています。
糖尿病患者の高血圧の割合はとても高くて、40~60%といわれます。

この数字は、糖尿病でない人の約2倍
とても高い数字ですよね。

糖尿病患者は、高血圧にもなりやすい

糖尿病患者が高血圧になりやすい理由

一言で言うと、血糖値が高いと糖尿病になり、高血圧にもなりやすいです。

血液量の増加
肥満の人が多い
インスリン抵抗性がある
糖尿病腎症を発症している

高血圧になりやすい理由

それぞれの理由を、分かりやすく説明してみたいと思います。
これらは合併症で、糖尿病が怖い病気といわれる理由ですよね。

血液量の増加

高血糖の状態だと、血管内のブドウ糖が高濃度に。

浸透圧が生じて、血管の外側から内側に水分を取り込みます。

ブドウ糖の濃度を下げようとします。

血液の量が増え、血圧(血管内を流れる血液が、血管壁に与える圧力)が高くなる。
「高血圧の対策に良い飲料は」の続きを読む…

女性の糖尿病の原因と初期症状

女性の糖尿病の原因と、デリケートゾーンのかゆみという初期症状を知り、考え込む女性

女性の糖尿病の原因として下記があげられます。
女性の場合は下記のようなときに、血糖値の変化があったり
糖尿病になりやすいそうです。

こんな時にかかりやすい

下記は女性特有のもので、糖尿病の原因となります。

また、わずらわない為には、普段から病院で検査を
受けるなど、注意が必要です。

ホルモンの変化が影響

・月経の周期に合わせて血糖値が変化。
・40代〜50代の女性は、更年期障害
・妊娠、出産時、女性ホルモンの減少が引き金で
 糖尿病になりやすくなる。

更年期障害で、女性ホルモンが減少すると内臓に
脂肪がたまりやすくなり、同時にコレステロール値も高くなります。

ちなみに、男性の場合も、男性ホルモンが
影響することも有るようです。

偏食や過食

他、男女ともにある原因のひとつが、バランスが悪い食事です。

偏食や過食については、私のまわりを見ると、
独身で忙しい人が、この傾向が強いような気がしました。
(あくまで私の知人・友人の傾向です)

カップ麺
ハンバーガー
スイーツ

こういった高カロリー食品、また甘い飲み物を
良く食べていたりして、そういう傾向にあります。
こういう食事だと中性脂肪がたまり、肥満になりやすいですし。
「女性の糖尿病の原因と初期症状」の続きを読む…

糖尿病の初期症状はどんなものが?

糖尿病とその症状に悩む男性

糖尿病の初期症状について書いてみます。

現在、日本人の約700万人の糖尿病です。
また、予備軍と思われる人が約900万人もいます。
しかもこの病気にかかる人は、年々増え続けています。

糖尿病には、1型・2型があります。初期段階では、
ほとんど自覚症状がなく、しかも、日本人に多い2型の場合は、
非常にゆっくりと病気が進行するので、大部分の人は
発症していても気づかないことがあります。

初期の段階の症状

それでは、代表的な初期症状を具体的に説明していきます。

尿とのどの渇き

1.尿の回数や尿の量が増えます。

2.異常なほど、のどが渇くようになります。
これは、尿の回数・量が増え、体内の水分量が減るためです。

空腹感と疲れ

3.食事をしっかりとっているのに空腹感を
感じるようなります。これは、ブドウ糖が吸収されにくくなり、
摂取した栄養分が体外にでてしまうため、栄養不足となり、
食事をとっていても空腹感を感じてしまうからです。

4.体がだるい、疲れやすくなります。
これは、体全体が栄養不足になっているので、
そのような症状になってしまいます。

このような自覚症状がある場合は、十分な注意が必要となります。
また、こういった症状を自分で自覚することが出来たら、
直ぐにでも病院で検査を受けてください。